制度の概要


〇 表示の目的

 マンション環境性能表示制度は、関連制度である建築物環境計画書制度とともに次の3つを実現することを目的としています。

  1 新築、増築又は改築する建築物の環境性能に関する情報を提供し、環境に配慮した建築物を選択しやすいようにする。

  2 環境に配慮した建築物が市場で評価される仕組みをつくる。

  3 建築主の自主的な環境配慮の取組を促す。



〇 対象となるマンションの建築主

 建築物環境計画書制度で計画書届出義務の対象となる建築物(延べ面積2,000㎡以上の建築物の新築、増築又は改築のうち、住宅用途の床面積が2,000㎡以上の建築物(分譲又は賃貸マンション)の建築主

 なお、延べ面積2,000㎡未満のマンションについても、建築物環境計画書の任意提出を行った場合は、マンション環境性能表示を行うことが可能です。



〇 提出の時期

 表示の15日後までに届出が必要です。

 ※表示内容の変更があった場合も変更後の表示提出の15日後までに届出が必要です。


 
〇 表示項目と評価の概要

 建築物環境計画書での評価と配慮内容が、マンション環境性能表示の星の数として表示されます。

配慮指針別表第1(住宅用途)

マンション環境性能表示

細区分

建築物評価基準の段階

項目名

評価及び表示方法

建築物外皮の熱負荷抑制

建物の断熱性

★★★

★★☆

★☆☆

設備システムの高効率化

設備の省エネ性

★★★

★★☆

★☆☆

再生可能エネルギーの変換利用

再エネ設備・電気

段階1(1点)、段階2(2点)、段階3(3点)の合計点

4点以上の場合は★★★

3点の場合は★★☆

2点以下の場合は★☆☆

再生可能エネルギー電気の受入れ

維持管理、更新、改修、用途の変更等の自由度の確保

維持管理・劣化対策

段階1(1点)、段階2(2点)、段階3(3点)の合計点

4点以上の場合は★★★

3点の場合は★★☆

2点以下の場合は★☆☆

()体の劣化対策

緑の量の確保

みどり

段階1(1点)、段階2(2点)、段階3(3点)の合計点

5点以上の場合は★★★

4点の場合は★★☆

3点以下の場合は★☆☆

高木等による緑化



〇 根拠となる条例等

 ・ 都民の健康と安全を確保する環境に関する条例

 ・ 都民の健康と安全を確保する環境に関する条例施行規則

 ・ 東京都マンション環境性能表示基準


▼ページトップ

≪問合せ先≫
■建築物環境計画書の作成・提出、その他各種届出に関すること
「東京都建築物環境計画書制度」ヘルプデスク
〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1 都庁第二本庁舎20階
TEL:03-5320-7879 メールアドレス building(at)kankyo.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
  お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

 

■制度全般に関すること
東京都 環境局 地球環境エネルギー部 環境都市づくり課
TEL:03-5388-3536